2023-03-25

ChatGPTで遊んでみた、クリリン

ChatGPTで遊んでみた。




クリリンのことか!
はい、それは「クリリン」のことですね! 「クリリン」は、ドラゴンボールシリーズのキャラクターの一人で、サイヤ人族に属しています。彼は力を持っていて、時には冷酷ながらも、仲間たちを守るために危険な戦いに挑むという一面も持っています。「クリリン」は、多くのドラゴンボールのファンに愛されているキャラクターであり、その人気は現在も衰えていません。


冷静に解説してくれたんだけど、違う。
クリリンってサイヤ人になったんだっけ?

bingにも聞いてみた。
タケコプターの後にクリリン検索したらこうなった。



クリリンのことか!
クリリンは、ドラゴンボールの登場人物で、孫悟空の親友です。クリリンは、頭にタケコプターのようなものをつけて飛んだことがありますが、それは気功波という技を使ったからです。クリリンは、タケコプターとは関係ありません。


舞空術は「タケコプターのようなもの」なのか?

新しいトピックにして聞き直してみた。



クリリンのことか!
クリリンは、漫画『ドラゴンボール』の登場人物です。孫悟空の親友で、地球人最強とも言われる戦士です。クリリンは、ヘブライ語で「リリス」の複数形という意味の「リリン」という悪魔とは関係ありません。


+タケコプターの方が面白かった。



2023-02-23

ChatGPTで遊んでみた、タケコプター

ChatGPTで遊んでみた。




タケコプターのプロペラが回る反動で首がねじ切れないんですか
いいえ、タケコプターのプロペラが回る反動で首がねじ切れるわけではありません。タケコプターは、プロペラによって空気を推進することで上昇や飛行をするものですが、そのプロペラの反動は、構造やデザインによって吸収されるようになっています。

たとえば、タケコプターのフレームやボディが十分に強固であり、振動吸収用の材料や部品が適切に搭載されている場合、プロペラの反動は吸収され、首がねじ切れるような事態は発生しません。

しかし、構造的に弱いものや、デザインや部品の欠陥があるタケコプターの場合は、プロペラの反動によって振動や不安定な状態が生じることがあります。これらのような状況においては、首部や他の部分が損傷する可能性もありますので、安全に飛行するためには、十分に検査や保守を行うことが重要です。


だからその構造を教えて欲しかったのだが。

bingにも聞いてみた。




タケコプターのプロペラが回る反動で首がねじ切れないんですか
タケコプターは、ドラえもんのひみつ道具の一つで、竹の輪にプロペラを取り付けたものです1。タケコプターは、プロペラが回る反動で首がねじ切れない理由は、作品内では明らかにされていません。しかし、現実的には、タケコプターは飛べないと考えられます。なぜなら、作用・反作用の法則により、プロペラが回ると同時に竹の輪も逆方向に回ろうとするからです2。この問題を解決する方法としては、2重反転プロペラ3やジャイロスコープなどが考えられますが、それでもタケコプターを安定して飛ばすことは難しいでしょう。


こっちの方が求めている答えに近いな。
近いというか想定通り。

2023-02-19

ChatGPTで遊んでみた、ケンタウロス

ChatGPTで遊んでみた。




ケンタウロスは人間と馬の両方の腹(消化器官)を持っているの?
ケンタウロスは、古代ギリシア神話に登場する半人半馬の超自然的な生物です。一般的には、人間の上半身と馬の下半身を持っていると描かれています。

しかし、消化器官に関しては、特定の説明はなされていません。一般的に、ケンタウロスは馬と人間の両方の性質を持っていると考えられていますが、具体的な生理的な特徴に関しては明確な記述がないため、不確実な部分もあります。


だから貴方に質問してるのだが、知らないのか。
「不明確な部分あります」とは?具体的な生理的な特徴に関して明確な部分を教えてくれ
2023-02-12

ChatGPTで遊んでみた1

最近話題のChatGPTで遊んでみた。


エル・プサイ・コングルゥを使った文章作って
「エル・プサイ・コングルゥを使って、人々は新たな発見をし、未知の世界を探求することができました。彼らは、遠く離れた星を訪れ、多様な文化と生物を発見しました。また、このテクノロジーを使って、人類は自分自身を超えることができる可能性を秘めた新しい知識に迫りました。しかし、これらの遠い旅は、危険な試練も伴いました。謎に満ちた宇宙の深淵に立ち向かうことができるのは、強い意志と冒険心を持った者だけでした。」


いや、違うし。


2023-02-11

Input Directorのバージョンアップ

全然全く気付いていなかったけど去年の7月にバージョンアップしてたらしい。


今使っているのはVersion 2.1 (Build 146)



新しいのはVersion 2.1.2


(間にVersion 2.1.1があったみたいだけど)


Version 2.1.2 (Build 153)


操作する側とされる側のバージョンが違うとダメです。




    • キー バインディングは、Director システムとクライアント システム全体でキーを複数のターゲット キーにバインドすることをサポートします。

    • バインディングは、ソースまたはターゲット アクションとしてマウス ボタンをバインドできるようになりました

    • OpenSSL ライブラリを v3.0.3 にアップグレードしました

    • ステータスが利用可能に変わると、クライアントへの移行が停止する可能性があるバグを修正しました

    • 隣接していないモニター間の誤った遷移を引き起こす可能性があるバグを修正しました

    • Director システムで設定された暗号化が、各クライアントのデフォルトの暗号化として使用されるようになりました。

    • 法人のお客様は、必須の暗号化ポリシーを設定できます

    • リモート デスクトップ セッション中に Input Director が誤ってアクティブなままになる可能性があるバグを修正しました

    • スキップされたクライアントで Input Director が遷移しないというバグを修正しました

    • システム間の移行をブロックする可能性があるバグを修正しました

    • マイナーなバグ修正



バグ修正は良いことだけど、旧バージョンでも特に不具合感じていなかったし、追加された機能は意味がわからないので使わないと思う。又は意識しないでもいつのまにか使ってるのかな。