2020-12-08

BMW F36 その30、ペダル


今までの車は全部 吊り下げ式だったけど、
初のオルガン式アクセルペダル。

オルガン式のメリット
(マツダのHPから転載したHPから転載)
「オルガン式アクセルペダルでは、かかとをフロアにつけてペダルを踏み込んだとき、踏み込む足とペダルが同じ軌跡を描くため、かかとがずれにくく、アクセルペダルがコントロールしやすくなります。またシートに座って自然に足を前に出した位置にアクセルペダルを配置することで、運転時の疲労を軽減し、とっさのときの踏み間違いも起きにくくなります」

しかもアクセルペダル周りがちょっとへこんでて、そこに踵を置くといい感じになる。
ただし、踏むのがアクセルだけだったら。


ブレーキペダルは吊り下げ式で、アクセルペダルよりも手前にある。
アクセルからブレーキに足を移動する時に、ブレーキペダルの側面に当たってしまい、ブレーキ踏むのが間に合わなかったとか、ありそう。

渋滞とか、アクセルとブレーキを頻繁に変えるときは、踵の位置が決まらない。
アクセルペダル周りがちょっとへこんでるのが邪魔になる。


左足ブレーキか?
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]